大好きな彼女に対して、そろそろ結婚を考えているあなた。いつ、どんなタイミングで思いを伝えようか悩んでいることと思います。
思いを伝える場には欠かせない婚約指輪も準備しなくてはいけませんね。

今回は、今さら聞けない”婚約指輪と結婚指輪の違い”について書いていきたいと思います。

婚約指輪と結婚指輪ってどう違うの?

付き合っていた彼女と結婚するにあたって、用意するべきとされているのが「婚約指輪」と「結婚指輪」です。婚約指輪は、名前通り婚約した時、いわゆる結婚の約束をしたときに男性から女性に贈る指輪のことです。

プロポーズをして成功し、結婚を約束した証の指輪ですから、シンプルなデザインよりかは、ダイヤモンドなどの高価で特別感のある指輪を選ぶことが多いです。普段使いする指輪ではないような、ゴージャス感があるものがいいとされています。

また、結婚指輪は、別名「ペアリング」と言われていて、結婚式のときに2人の誓いの証として交わされる大切な指輪になります。結婚して夫婦になったあとも、お互い日常生活で薬指に付けているものなのでシンプルなデザインのものが好まれます。

婚約指輪と結婚指輪の金額の違いはあるの?

指輪の金額ってなかなか人に聞けるようで聞けないんですよね・・。ここからは、婚約指輪の相場と、結婚指輪の相場、また違いを紹介していきたいと思います。

一般的に婚約指輪の相場は、約30万円くらいとなっているようです。細かく言えば20万から40万円くらいの大きな幅があるようです。1ヶ月分の給料くらいですね。

また、結婚指輪は1つ10万円ちょっとで、ペアで20万円くらいが相場になっています。昔までは、給料3ヶ月分が当たり前のようになっていましたが、現在ではそうではないようです。

婚約指輪は、どちらかというと派手なデザインや、高価なダイヤモンドなどで金額が大きく左右されます。
結婚指輪は、2人で選ぶカップルが多いようで、「これからの生活のことを考えると・・」と思う女性が多く、あまり高価なものを選ばず、手ごろな金額を好むようです。

普段ずっと付けていることが多い結婚指輪なので、あまり派手なのではなくシンプルなデザインを選びたいものですね。

まとめ

今回は、婚約指輪と結婚指輪の違いについて紹介しました。まず、1番は意味の違いです。
婚約指輪は、婚約するときに贈るもの。
結婚指輪は、結婚式のときに交わされるもの。
さらに、デザインや金額でも意外と違いがありましたね。
プロポーズするときは、今回の記事を読んで婚約指輪と結婚指輪の違いをしっかりと理解して選ぶようにしましょう。
この記事が誰かのお役にたてたら幸いです・・。